MAC PRO : 電源ランプが点滅したときの対処まとめ その1

という訳で、無事に現役復帰したmac pro early 2008。

今回のトラブルについて、対処方法をまとめておきます。


 

電源ランプが点滅したときの対処方法

本当に起動しないのかの確認

何度か再起動をしたら直るケース(おそらく接触不良?)もあるので、念のために確認をします。

  1. 電源ボタンで電源を投入し、mac proが起動しないことを確認
  2. 電源ボタンを長押しし、mac proを終了
  3. ACアダプタをコンセントから抜いて、15秒待つ
  4. ACアダプタをコンセントに差して5秒待つ
  5. 再度上記1.の操作に戻る

これを何回か繰り返してみてダメなら、やはりmac proの筐体を開けねばならないでしょう…。面倒くさがってはいけません。苦笑


不具合メモリを特定

1. 筐体を開ける

まずは、電源とディスプレイ以外のケーブルを抜いてから、銀色の筐体のフタをあけます。

うちは狭いところにmac proを押し込んでいるので、これが結構大変なんです。フタをあけるまでが面倒で、かなりおっくうになってしまうのですが、フタを開けてしまったらあとはスムーズです。

2. ライザーカードを取り出す

ライザーカードにはメモリが刺さっています。静電気に注意して慎重に取り出しましょう。

とりあえず、何度も抜き差しして電源投入テストをするので、どれからでもいいと言えばいいのかも知れませんが…。

今回はAから抜いてみました。

3. メモリを抜いてみる

mac pro early 2008のメモリはかならず2枚ペアでメモリスロットに差し込むので、2枚ずつセットで確認していくことになります。

前回メモリが壊れて放置していたので、今は

ライザーA(上):4枚

ライザーB (下):2枚

のメモリが刺さっていました。

という訳で、ライザーAのスロット3とスロット4に刺さっている2枚を抜いてみてどうなるかを見てみることに….。

(つづく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>